新着のお知らせ

あしたばの会とは

あしたばの会は、病気療養中の生活から社会復帰(就労)までを支援するNPO法人です。
利用できる公的制度や将来への不安など、病気療養中のさまざまなお悩みやご相談をお受けしたり、それぞれの回復状況などにあわせた社会復帰(就労)の方法をいっしょに考えたりする活動をしています。

長期の療養を経験すると、「自分は本当にもとのように働けるようになるのか」と不安に思うことがあります。
病前の自分を思い出し、そこまでの道のりをあまりに遠く感じ、そこはかとない不安に襲われる経験をすることは珍しくありません。

そのような人たちが、少しずつ復帰に向かって進んでいている実感がもてるよう、例えば自宅で作業ができるお仕事を提供したり、またサポートしてくださる企業・団体様へ就労の橋渡しをしています。

働く世代が病気になるということ

がんやうつ病などに罹患すると、数か月の休職では復帰できない例も多くみられ、病気をきっかけに職を失うことも珍しくありません。
就労世代の長期療養者は想像以上に多く、1年半以上にわたって療養する勤労世代が毎年4万人を超えている計算になります。

このような人たちが回復後にもう一度仕事をみつけることは、実は健常者が思うほど容易なことではありません。
本当にもう一度働けるようになるのかという不安と闘い、どうすれば前に進めるのかを日々悩みながら、それでも必死にがんばっていこうとしているひとたちを、同じ社会の仲間として支えていきたいと考えています。

あしたばの会はこの期せずして病気になってしまった人たちが、一度レールから外れるとなかなか戻ることのできない日本社会の構造から抜け出すお手伝いをすることにより、「だれひとり取り残さない」世の中をつくる一助となることを目指しています。

社会復帰をめざす方へ

あしたばの会では、病気療養から社会復帰(就労)をめざす方からのご相談をお受けしています。
● 治療中に受けられる公的制度(雇用保険からの給付・傷病手当金・障害年金など)について
● 将来のことを考えると不安でしかたがない
● 長時間は難しいが、できる範囲で仕事をはじめていきたい
● 体調もよくなり社会復帰を目指していきたいが、就職活動のしかたがわからない
など、お困りのことがあればどんなことでもご相談ください。

いっしょに支えてください

お問い合わせ

あしたばの会へのご連絡やお問い合わせは、お問い合わせフォームよりお願いいたします。

MENU
PAGE TOP