あしたばの会からのお知らせ

あしたばの会とは

あしたばの会は、働く世代の病気治療中の生活から社会復帰までを支援するNPO法人です。
病気治療中に利用できる公的制度を案内したり、病状や体調にあわせて無理なくできる仕事探しのお手伝いをして、社会復帰までの生活を精神的・経済的にサポートします。

まだ社会復帰への自信が持ちきれない段階でも、一歩一歩少しずつ復帰に向かって進んでいけるようなお仕事の選択肢を、サポートしてくださる企業や団体と協力して数多く創り出していきます。

これらの活動を通してあしたばの会は、SDGs(持続可能な開発目標)の
1.貧困をなくそう
3.すべての人に健康と福祉を
を中心に貢献することをめざし、SDGs官民連携プラットフォームに参加しています。

働く世代が病気になるということ

がんやうつ病などに罹患すると数か月の休職では復帰できない例も多くみられ、病気をきっかけに職を失うことも珍しくありません。

最も大切な事は、病気になっても仕事を続けやすい環境を整えていくことです。ただ、一方でどうしても辞めざるをえなかった人たちがその後もう一度仕事をみつけられるように支援していくことや、長期にわたる治療中の生活を精神的・経済的に支えていくことなどは、同じく重要な課題といえます。

ひとたび病気になって職を失うと、そこから再出発することは容易ではありません。
自らの力で生きていく為、そして家族の為にもう一度がんばっていこうとしているひとたちを、NPO法人として支えていきたいと考えています。

病気療養中の方へ

あしたばの会では、病気療養中の方からのご相談をお受けしています。
○治療中に受けられる公的制度(雇用保険からの給付・傷病手当金・障害年金など)に関すること
○長時間は難しいものの、できる範囲で仕事をして社会との関わりを持ちたい方
○体調もよくなり社会復帰を目指していきたいが、体力面など自信が持てなくて悩んでいる方
など、お困りのことがあればどんなことでもご相談ください。

いっしょに支えてください

お問い合わせ

あしたばの会へのご連絡やお問い合わせは、お問い合わせフォームよりお願いいたします。

MENU
PAGE TOP