あしたばの会が目指していること

あしたばの会は、病気で長期療養している人の生活を支援する目的で設立したNPO法人です。
毎年4万人を超える就労世代が1年半以上に渡って職に就かずに療養しています。この「1年半」というのは、健康保険の傷病手当金が支給される期限で、これを超えると公的扶助は一気に細り、自力での生活は途端に困難になります。

しかし我々が病気治療中の人たちと接する中で感じたのは、「働く意欲のある人は多い」ということです。
勤務時間、勤務場所、急な体調不良の時に同僚に迷惑をかけずに休暇がとれる事、などいくつかの配慮が認められるのであればその範囲内では病前と遜色ない働きができるにもかかわらず、求人を見つけることができずに諦めてしまっている人がこの4万人の中には相当数いるのです。

意欲も能力もあるのに就職を諦めてしまっているこの優秀な人材と、社会貢献のみならず「貴重な人材」と捉えて頂ける企業様とを、双方が求めあうような橋渡しをしていくこと。それがあしたばの会が目指している役割です。

お仕事ご提供のお願い

どのような職種であれば治療と両立できるのかは、それぞれの病状や回復度合いなどの事情により様々です。また個々人の経歴・経験・スキル・年齢や必要な配慮も千差万別です。
具体的な求人内容が定まっていない段階であっても「貢献したい」というお気持ちでお問合せいただければ、仕事内容や雇用形態なども含めて相談・提案させていただきます。

経済的に不安を抱えながら病気治療しているひとりひとりに安心を届けるためには、多くの企業様のお力添えが必要不可欠です。
「病気になっても安心して暮らせる社会」を創るためにお力をお貸しいただきたく、何卒よろしくお願い申し上げます。

お問合せください

下記よりお問合せをお願い致します。担当が折り返しご連絡させていただきます。