あしたばの会が目指していること

あしたばの会は、病気で長期療養している人の生活を支援する活動をしているNPO法人です。
毎年4万人を超える就労世代が1年半以上に渡って職に就かずに療養しています。この「1年半」というのは、健康保険の傷病手当金が支給される期限で、これを超えると公的扶助は一気に細り、自力での生活は途端に困難になります。

しかし我々が病気治療中の人たちと接する中で感じたのは、「働く意欲のある人は多い」ということです。
勤務時間、勤務場所など、少しの配慮が認められるのであれば、その範囲内で病前と遜色ない働きができるにもかかわらず、求人を見つけることができずに諦めてしまっている人がこの4万人の中には相当数いるのです。

意欲も能力もあるのに就職を諦めてしまっているこの優秀な人材と、社会貢献のみならず「貴重な人材」と捉えて頂ける企業・団体様とを、双方が求めあうような橋渡しをしていくこと。それがあしたばの会が目指している役割です。

お仕事ご提供のお願い

日本では、ひとたび病気になって職を失うと、そこから再出発することは容易ではありません。
自らの力で生きていくため、そして家族の為にもう一度がんばっていこうとしている相談者様たちに、社会に戻ってくるきっかけとなりうるお仕事をご提供ください。

経済的に不安を抱えながら病気治療しているひとりひとりに安心を届けるためには、多くの企業・団体様のお力添えが必要不可欠です。具体的な求人内容が定まっていない段階であっても「貢献したい」というお気持ちでお問合せいただければ、仕事内容や雇用形態なども含めて相談・提案させていただきます。

お仕事をご提供いただく仕組み

(例1)相談者様を直接雇用いただく

(対象)
 〇健康な頃と同程度に回復している相談者様
(具体的な仕組み)
 〇あしたばの会より、お願いしたい配慮をご説明の上、相談者様をご紹介させていただきます。
 〇面会の上、双方が希望した場合にはご採用ください。
 〇雇用の形態(正規・パートタイム・出向など)については、話し合いの上ご決定ください。

(例2)あしたばの会を通してお仕事をご提供いただく

(対象)
 〇在宅で、その日の体調にあわせて自分のペースで作業をしたい相談者様
(具体的な仕組み)
 〇あしたばの会が、企業・団体様からお仕事を受注します
 〇お仕事をプロジェクト化(分割・整理・工程づくり)したうえで、それぞれの作業を相談者様たちにお繋ぎします。
 〇あしたばの会は、完了した作業を集約・検品し、責任をもって企業・団体様に納品いたします。
(お仕事の例)
 〇録音の書き起こし
 〇紙文書のデジタル化
 〇Excelツールの作成
 〇社内ネットワークと文書保存方法の構築・再構築
など、在宅で作業可能なお仕事

お問合せください

下記よりお問合せをお願い致します。担当が折り返しご連絡させていただきます。